セキュ塾とは?

IT未経験者から
セキュリティのエキスパートを
育てます。

セキュリティ業界で活躍するトップクラスの著名人を講師陣に迎え、サイバー攻撃の手法と
防御テクニックを学び、未経験の方でもセキュリティ技術を習得できます。

次のセクションへ

「セキュ塾」とは?

セキュ塾

「セキュ塾」とは、サイバー攻撃の手法と防御テクニック の演習ができるホワイトハッカーの育成に特化したスクールです。

サイバー攻撃の巧妙化、コンピュータへの不正アクセス、悪質なハッキング、重大な障害を引き起こすコンピュータウィルス、IoT 化などが進む現在、企業の信用や人々の生活を守るセキュリティエンジニアが大幅に不足しており、あらゆる業種の企業や官公庁においても、セキュリティに精通した人材の採用、確保が見込まれています。

「セキュ塾」ではセキュリティ業界で活躍するトップクラスの著名人も講師陣に迎え、未経験からサイバーセキュリティ人材を育成するため、インターネットやネットワークの基本技術を理解した上でサイバー攻撃の手法と防御テクニックの演習ができセキュリティ技術を習得します。

セキュ塾とは
未経験からエキスパートを育てる

未経験からエキスパートを育てる

ヒートウェーブITアカデミーではサイバーセキュリティ教育を多数実施してきました。
そのノウハウを活かした教育カリキュラムや演習用実機を利用して、他では体験できない様々な攻撃を疑似体験し、脅威を理解したうえで正しい防御方法を学ぶことができます。最低限の知識があれば、セキュリティの知識が無くても安心して学べます。

実機を使った演習

実機を使った演習

座学での学習だけではなく、サイバーセキュリティを実践するための環境構築手順やツールなどの準備をハンズオン形式で学びます。
デジタルフォレンジック調査やマルウェア解析などを、手を動かしながら学んでいきますので、知識を増やすだけではなく実務でも役に立つ技術を習得できます。また、クライアントPCおよびサーバー(仮想化ホスト)などの機材をカリキュラムに応じて用意しますので、研修に集中できる環境で学習できます。

トップクラスのセキュリティ教育

トップクラスのセキュリティ教育

現在も情報セキュリティ分野の第一人者として活躍する国内屈指のセキュリティ技術者が講師を担当します。また、セキュリティ業界を代表するトップクラス企業のセキュリティ教育を組み合わせて受講することが可能です。コース内容は短期~長期コースまでセキュリティエンジニアを即戦力で養成する目的の内容になっています。 幅広いコースラインナップを横断して受講できるのは「セキュ塾」だけ!企業で活用できる助成金のご提案も行います。

次のセクションへ

コース紹介

セキュ塾のセキュリティコースは実機を使い、時間をかけて教育するため、初心者からでも実践的なセキュリティ技術を習得することができます。
経験豊かなセキュリティ業界トップエンジニアが講義致します!

サイバーセキュリティ技術者育成コース

サイバーセキュリティ技術者育成コースは、IT技術の基礎からセキュリティ分野の全般を学習するコースです。
コンピューターの仕組みやネットワークの基礎となる技術から、WindowsServerやLinuxの操作方法を通して、ネットワークセキュリティやクラッキング手法、ログ解析、デジタルフォレンジック等といった情報セキュリティの実践的な技術を習得します。基礎からじっくり学ぶコースになるので、セキュリティ初心者からホワイトハッカーを目指す方のコースです。

78日間 / 1名 サイバーセキュリティ技術者育成コース 80万円(税別)

  • コース詳細
  • 受講お申込

マルウェア解析コース

マルウェア解析コースは、プログラミングの基礎からマルウェアの解析方法までを学習するコースです。
C言語やアセンブラといったマルウェア解析に必要なプログラミング言語を学び、マルウェアの動的解析・静的解析にチャレンジします。疑似マルウェアを様々なツールを使って多角的に解析しますので、実践的な技術を習得することが出来ます。プログラミングとセキュリティに興味のある方には最適なコースです。

20日間 / 1名 マルウェア解析コース 50万円(税別)

  • コース詳細
  • 受講お申込

ホワイトハッカー育成コース

CTFシステムをベースに学習カリキュラムを構築。CTFを通して様々な攻撃手法を学び、あらゆる脅威からシステムを守るための知識を身につける事ができるコースです。月謝制で受講者のレベルにあわせて学習を進めていくので、ハッキングに関する知識がなくてもホワイトハッカーを目指す事ができます。

月額 / 1名 入塾金 10,000円(税別)+月額18,000円(税別)

  • コース詳細
  • 受講お申込

情報セキュリティ リテラシーコース

情報セキュリティリテラシーコースは、日常生活の中で安全にITを活用するための知識や方法を学ぶコースです。
SNSやメールなど普段使っているアプリケーションに関するリスクを過去の事例から学び、情報漏洩やデータ消失事故の予防や発生時の対策などを学びます。

1日/1名 情報セキュリティリテラシーコース 15,000円(税別)

  • コース詳細
  • 受講お申込

助成金活用のご提案

企業におけるセキュリティ研修はキャリア形成促進助成金等、各種助成金制度が活用できます。専門のコーディネーターがご要望にマッチした研修プランをコーディネートさせていただきます。社員の人材育成に是非、ご活用ください!

次のセクションへ

ハッキング演習体験会&説明会

説明会は、随時対応いたします。お気軽にお申し込みください。実際にハッキング演習を体験しセキュリティの世界を体感してみましょう!

ハッキング演習体験会&説明会

全体説明、講座のご紹介、個別相談会を実施します。
セキュリティエンジニア、ホワイトハッカーに興味はあるけれど、希望分野への適性について、個別の相談に対応しますので、 進路の悩みや迷いを解消できます。 また、「IT業界、セキュリティ分野に興味はあるけれど、仕事内容がわからない。」「未経験の私でも学習ができるのだろうか?」「なぜ人材不足なのか?」「年収はどのくらい?」など、こんな疑問をお持ちの方も是非見学会にご参加ください。業界未経験者の方にもわかりやすく説明します。
※企業研修のご相談についても受付致します!

平原講師

講師 平原 伸昭
トレンドマイクロ(株) 上級サイバークライムアナリスト ~2017年3月 IPA情報セキュリティ白書 「情報セキュリティ検討会」構成メンバー 現在 クラウドセーフ株式会社 代表取締役
<資格> GIAC Certified Forensic Analyst (米国SANS認定)
Certified Ethical Hacker (米国EC-Council認定)
Computer Hacking Forensic Investigator (米国EC-Council認定)
EC-Council Certified Security Analyst (米国EC-Council認定)

日程詳細
説明会会場

ヒートウェーブITアカデミー  東京都新宿区歌舞伎町2-46-5 KM新宿ビル7F
西武新宿線 西武新宿駅北口から出て、道路を挟んで向かい正面のビルの7Fになります。
※エントランスにある看板を目印にお越しください。

体験会日程
  • 2017年6月21日(水) 19:00~20:00
  • 2017年6月28日(水) 19:00~20:00
次のセクションへ

事例からみんなが気づくセキュリティ

スマートフォンやIT化が進む現在、身近なところにセキュリティの脅威は潜んでいます。
さまざまな事例からセキュリティを学習し、「Do It Yourself!」自分の身は自分で守りましょう。

スマートフォン

スマートフォン

SNS

SNS

ノートPC紛失

ノートPC紛失

サイバー犯罪

サイバー犯罪

企業の事例

企業の事例

標的型メール

標的型メール

次のセクションへ

職種におけるセキュリティスキル

セキュリティ人材とは

「セキュリティ人材が足りない!」といわれる現在、具体的なスキル要素やキャリアパスはわかりづらいものです。
「セキュ塾」では職種ごとに必要とされるITスキルやセキュリティスキルのロードマップを紹介いたします。
今後の学習やキャリアパスに役立ててください。

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニア
にとって必要なスキル

ネットワークの設計、施行、管理作業は企業のセキュリティ対策の要となる部分です。
建築物に例えるなら基礎にあたる部分ですので、強固なセキュリティ対策が求められます。何らかのインシデントが発生した場合は迅速な初動対応が求められ、復旧対応や再発防止など、システムの基盤を守る重要な役割です。

スキルマップ

プログラマー

プログラマー
にとって必要なスキル

外部からの攻撃に対する守りを固めるポジションのプログラマーは、バッファーオーバーフローや類似のRetrun into libC攻撃、SQLインジェクション、アクセス制御、暗号化破り等の既知の攻撃手法を学び、正しい対策を実施しておく必要があります。「鍵がしっかりと掛かる建造物」を構築する役目があります。

スキルマップ

Webクリエイター

Webクリエイター
にとって必要なスキル

企業のITシステムにおいて最も多くの攻撃を受けやすいのがWebシステムです。CSRF攻撃、ガンブラー攻撃、ウイルスによる個人情報漏洩、ECオープンソースの脆弱性攻撃、なりすまし等、様々な手口によって無差別に攻撃し対応の甘いサイトがあればそれに乗じて、自由になるサイトをベースに新たな攻撃をしかけます。

スキルマップ

ヘルプデスク

ヘルプデスク
にとって必要なスキル

ヘルプデスクへのお問合わせでは会社名、部署名、名前、障害レポートのメール等も集まるでしょう。メールから攻撃者は様々な情報が取得します。一見セキュリティとは遠い存在に思えるヘルプデスクですが、常に危険なポジションにいる事を理解しておく必要があります。

スキルマップ

ホワイトハッカー

ホワイトハッカー
にとって必要なスキル

企業内には「セキュリティを熟知した」言い換えると「様々な攻撃に精通している」エンジニアがいることが望ましいです。セキュリティ技術を深く理解したホワイトハッカーが企業内にいれば、"クラッカー"に攻撃される前に企業システムの脆弱性を発見することが出来、攻撃によるインシデントを防ぐことが可能となります。

スキルマップ

セキュリティコンサルタント

セキュリティコンサルタント
にとって必要なスキル

セキュリティコンサルタントは企業のシステム担当者からヒアリングを行い、企業システムのセキュリティに関する改善提案を行います。セキュリティコンサルタントはシステムに関する幅広い見地を持ちつつ、高度なセキュリティ技術を備えている必要があります。

スキルマップ

事務職

事務職
にとって必要なスキル

セキュリティに関する知識がない一般社員から情報がもれたり、ソフトの気軽なインストールによる感染、メールの扱い方の不備、重要情報の持ち出し等、企業の存在を脅かす被害を与える場合もあり得るので、一般社員もしっかりとしたセキュリティ教育を受けておく必要があります。

スキルマップ

企業の情報セキュリティ担当

企業の情報セキュリティ担当
にとって必要なスキル

日々発見される攻撃手法やソフトウェアの脆弱性などのセキュリティリスクを回避・防止するために、担当者は常に新しいセキュリティ情報を把握し続けなければなりません。一般社員に対するセキュリティ教育も検討する必要があり、様々な面でセキュリティ担当として主体的に動く役割となります。

スキルマップ

セキュリティ人材不足

セキュリティ人材不足

2014年に公表されたIPAによる試算では、国内のユーザー企業において、情報セキュリティ人材は約8万人不足しており、今後、ますます人材不足が顕著となることが予想されています。
この状況を踏まえ、2015年9月には「サイバーセキュリティ戦略」が閣議決定され、官民一体となり国家を挙げてサイバーセキュリティ人材の育成、確保を推し進めていくこととなりました。 そのため、今後、あらゆる業種の企業や官公庁において、セキュリティに精通した人材の採用、確保が見込まれています。

スマートフォンの安全

スマートフォンの安全

現在の生活では無くてはならない「スマホ」こと「スマートフォン」。 そこには“自分・家族・友人を守る”知識が必要となっています。 皆さんはスマートフォンの“セキュリティ”をきちんと理解して利用していますか?
スマホを安全に使うための6項目

セキュリティコンテスト

セキュリティコンテスト

◇ DEF CON CTF(DEF CON)
 アメリカのラスベガスで毎年開催される世界最大規模のセキュリティ、ハッカーカンファレンス。
◇ HITCON CTF(HITCON)
 毎年夏に台湾で開催されるアジア最大級のセキュリティカンファレンス。
◇ SECCON
 特定非営利活動法人日本ネットワークセキュリティ協会が主催するセキュリティコンテスト。
◇ NotSoSecure CTF
 イギリスNotSoSecure Labsが開催するセキュリティコンテスト。
◇ Tower of Hackf00 Madness
 「HITB(Hack In The Box)」内のCTFコンテスト。
◇ Pwn2Own
 「PacSec」内で開催される、ソフトウェアの脆弱性を付いて攻撃を行うハッキングコンテスト。
◇ Mobile Pwn2Own
 上記コンテストのモバイルデバイス版。

次のセクションへ

経験豊かなプロフェッショナル講師陣

サイバーセキュリティ技術者育成コースの講師陣は教育経験豊かなヒートウェーブ講師ほか、セキュリティ・キャンプ講師も務めた著名なセキュリティ業界トップエンジニアが講義致します。

吉田英二 講師
吉田英二 講師
1999年から情報セキュリティ系のベンチャー企業にてネットワーク・セキュリティの調査や研究に従事し、今までに数多くの企業や省庁のペネトレーション・テストを担当。個人活動としてpenetration technique research siteというペネトレーション・テストに用いる技術について調査や開発を行うサイトを開設して、脆弱性や侵入技術の研究結果を公開している。
2007年独立、セキュリティ監査や講演・教育・執筆活動を行う。 2008年、合同会社セキュリティ・プロフェッショナルズ・ネットワークを設立。 セキュリティキャンプ講師(2006年~2014年)
penetration technique research site
Eiji James Yoshidaの記録
執筆歴・講演歴
塩月誠人 講師
塩月誠人 講師
1985年鹿児島大学理学部地学科卒業後、システム開発企業にて各種システム設計・開発、および社内UNIXシステムの管理を担当。1996年よりWindows NTを利用したISP環境の構築・運用管理に携わった後、セキュリティ関連事業を立ち上げる。
2000年から情報セキュリティ系のベンチャー企業にて、セキュリティ監査および各種セキュリティコンサルティング業務に従事。 2003年独立、セキュリティ関連コンサルティングビジネスや講演・執筆活動を行う傍ら、2003年8月より約5年間、中央大学研究開発機構のセキュリティ人材育成プロジェクトに参加、大学における実践的セキュリティ教育に携わる。
2008年、合同会社セキュリティ・プロフェッショナルズ・ネットワークを設立。
情報セキュリティ大学院大学 客員講師、セキュリティキャンプ講師(2005年~2009年)、セキュリティキャンプ実行委員(2004年、2008年~2009年)、IPA情報セキュリティセミナー講師(2009年)。
http://www.st.rim.or.jp/~shio/
次のセクションへ

演習実機・環境

セキュリティエンジニアに必要な演習環境、仮想化環境を完備。

研修環境イメージ

研修環境イメージ
  • 個々の受講者が専有できるクライアントPCおよびサーバ(仮想化ホスト)をセットで提供します。
  • ネットからの情報取得を可能とするために、クライアントPCからインターネットアクセスが許可されています。
  • クライアントPCおよびサーバ(仮想化ホスト)とも適切な機器を採用し、ストレス無くトレーニングに集中できる機材を用意します。
  • クライアントPC(1人1台):Windows
  • サーバー:VMware ESXi(仮想マシン)
  • サーバー、Windowsクライアント)
  • 企業研修等のレンタル教室としてご利用できます。
演習実機
演習環境

提携セキュリティ研修一覧

セキュリティ業界を代表するトップクラスのセキュリティ教育が受講できます。

SPNトレーニング

SPNトレーニング

Security Professionals Network社による、ハンズオン実習による実務に役立つセキュリティ技術の実践トレーニングです。

詳細はこちら

NRIセキュアトレーニング

NRIセキュアトレーニング

これから情報セキュリティを本格的に学ぶ方を対象とした「セキュアEgg」をはじめ、インシデント対応、Webアプリケーションセキュリティ、フォレンジック等、E-Learning等、各種コース受講可能です。

詳細はこちら

LACセキュリティアカデミー

LACセキュリティアカデミー

脅威・サイバー攻撃への実践的な対応力強化を焦点にしたセキュリティプログラムです。

詳細はこちら