IT未経験者でもホワイトハッカーを目指して 学べる唯一のコース

サイバーセキュリティ 技術者育成コース

2020年10月15日開講(昼間・夜間)全国より受講生募集中!
給付金利用で受講料最大61万円キャッシュバック!オンライン受講が可能!
次のセクションへ

サイバーセキュリティ技術者育成コースとは?

IT未経験者からサイバーセキュリティ技術者・ホワイトハッカーを目指せるコースです。
警察関連のサイバーセキュリティ研修に採用され、一般の方でも受講できるように設計され、IT技術の基礎からセキュリティ全般の知識、それらに関連するソフト&ハードの理解習得、実践的な演習を通じて現場で必要となるスキルを6ヶ月~1年間かけて学びます。

<授業の様子はこちら>

IT知識0の初心者でも安心

IT知識0の初心者でも安心働きながら学べる!

初心者でも分かりやすいカリキュラム・教材をご用意。
コンピュータの仕組みやネットワークの仕組みなどについて基礎から体系的に学ぶため、IT未経験者の方でも、知識ゼロからご理解いただけるようなコース内容となっております。
夜間コースも設けているため、働きながら学ぶことも可能です。

実践的な演習

警察関連のサイバーセキュリティ研修に採用された実践的なプログラム

セキュリティ業界トップクラスのプロフェッショナル講師陣より、直接講義が受けられます。
カリキュラムは警察関連のサイバーセキュリティ研修に採用され、一般の方でも受講できるように設計。全体を通して実践演習(ハンズオン)中心の講座となっています。
本を読むだけでは理解しづらい部分も体験しながら理解を深めることができます。

就転職に活かせる

就転職を全力支援します!

セキュリティ人材は現在約20万人不足していると言われています。
サイバーセキュリティ演習コースでは初心者からの方でも、非常に高いレベルの知識・技術を身につけられるので、就転職に非常に有利です。
また専任キャリアカウンセラーがバックアップしますので安心です。

オンラインでの受講ができます!

オンラインでの受講ができます!

昼間・夜間コースともに、オンラインで会社や自宅にいながらリモート受講ができるようになりました。
コロナ禍においても通学することなく給付を受けながら最新のサイバーセキュリティ技術を身に付けることができます。
授業は双方向で行い、演習環境もクラウド上にあるため、マシン環境に依存することなく快適に受講できます。

次のセクションへ

コース紹介

 
到達目標   
サイバー攻撃対策に必要なスキルの修得を目的とした、ログ解析やディスク解析、メモリ及びマルウェアに関する基礎的な解析、インシデント発生時の原因分析などに重点を置いた実務に効果的なコース内容となっております。
  • 基礎情報技術者試験、情報処理安全確保支援士、情報セキュリティマネジメント相当
  • Windowsコース、UNIX(Solaris) / Linuxコース、インターネット技術コースのWindows分野についてはMicrosoft認定MCSE相当、Linux分野についてはLPIC Level2相当
  • 企業等のシステム管理者に対して助言・指導が出来るレベルの技術、知識を修得させることを目標とする。
 
習得できるスキル   
  • コンピューターの仕組みやネットワークの基礎技術を身につける。
  • WindowsServerやLinuxの知識習得、操作方法を身につける。
  • ネットワークセキュリティやクラッキング手法が習得できる。
  • サイバー攻撃対策を行う上で必要となる情報通信技術を習得できる。
  • 企業等のシステム管理者に対して助言・指導ができる。
  • ログ解析やディスク解析、マルウェア解析ができる。
  • インシデント発生時の原因分析ができる。
 
1. IT基礎   
科目名 概要
コンピュータの基礎 用語、機器、概念、基本理論、ハードウェア、ソフトウェア、ネットワーク概要、DB概要
LANの基礎 ネットワーク機器、プロトコル概要、TCP/IPプロトコル、Ethernet、ルータ、SW-HUB
TCP/IPネットワークの基礎 TCP・UDP・IPv4・IPv6・ICMP・ARPの詳細、ヘッダ
セキュリティ技術の基礎 情報セキュリティのプロセスアプローチとセキュリティ技術の概要
クラウド・仮想化技術修得 仮想化アーキテクチャ、VMwareの概要とアーキテクチャ、ネットワーク設計、運用
演習・テスト TCP/IPネットワーク全般の知識を要する演習問題
 
2. Windows習得   
Windows Server基礎 インストール、ネットワーク設定、共有サービス、WSUS、ログ、監査
Windows Server Active Directory Active Directoryの構築、アカウント管理
Windows Server ネットワーク管理 ルーティング、DHCP、IPSec、DNS、Web、Windows不正アクセス対策
演習・テスト Windows Server全般の知識を要する演習問題
 
3. Linux修得コース   
Linux基礎 基本コマンド、ファイルシステム操作、ファイルパーミッション、シェル、X、make
Linux システム管理 サービス管理、アカウント管理、デバイス管理、ファイルシステム管理、ログ管理、PKG管理、バックアップリストア
Linux ネットワーク管理 NIC、IPネットワーク(IPv6含む)、リモート操作、ルーティング、ネットワークコマンド、xinetd、libwrap、iptables
Linux ネットワークサービス DNS(DNSSEC)、Mail、Web、Linuxシステムにおける不正アクセス対策
セキュリティインフラ構築技術 フィルタリング技術(FW、URLフィルタなど)、認証、アクセスコントロール、アンチウィルス、無線LAN、侵入検知システムなど
テスト Linux全般の知識を要する演習問題
 
4. サイバー演習   
暗号技術、電子認証技術、デジタル署名 暗号、ハッシュ、X.509証明書、Window・LinuxでのPGP・S/MIME・SSL/TLS・httpsS・認証局
情報システムのアセスメント セキュリティ診断概要、各種調査方法、脆弱性検証
クラッキングの実例 クラッキング手口(DoS、SQLインジェクション、XSS、マルウェア)の解説と、擬似環境での攻撃研修
ログ解析基礎 システムログ、サーバアプリケーションログ、データベースのログ(セッションログ・監査ログ)、ネットワーク機器のログ
ログ解析応用 セキュリティインシデント発生時のログ解析
フォレンジック基礎 フォレンジック概論、データ取得(Windows、Linux、Macintosh)、各種解析方法(メモリ、タイムライン解析など)の解説と実習
フォレンジック応用 マルウェア調査を含む、セキュリティインシデント発生時のフォレンジック
総合演習(インシデント解析) パソコンを中心としたインシデント解析、外部からの不正アクセス時のインシデント解析、内部犯行時のインシデント解析等
次のセクションへ

目指せる資格・職種

資格

  • 基本情報技術者
  • 情報セキュリティマネジメント
  • 情報処理安全確保支援士
  • MCSA
  • LPIC
  • ドットコムマスターアドバンス

職種

  • フォレンジックアナリスト
  • ペネトレーターテスター
  • インシデントハンドラー
  • ネットワークアナリスト
  • ネットワークセキュリティエンジニア
  • ネットワークエンジニア
  • ネットワーク管理者
  • ネットワーク運用者
  • セキュリティマネージャー
 
次のセクションへ

経験豊かなプロフェッショナル講師陣

セキュ塾の講師陣は教育経験豊かなヒートウェーブ講師のほか、著名なセキュリティ業界トップエンジニアが講義致します。

吉田 英二

吉田 英二
Yoshida Eiji

塩月 誠人

塩月 誠人
Shiotsuki Makoto

鈴木 浩一

鈴木 浩一
Suzuki Koichi

鈴木 朋夫

鈴木 朋夫
Suzuki Tomoo

次のセクションへ

コース受講生の声

サイバーセキュリティ技術者育成コースの受講生、卒業生に感想を聞いてみました。
皆さまの夢を実現させるために受講生コメントを参考にしてみて下さい。

金子さん 33歳

実践経験豊富、
こんな師匠に
出会いたかった!

Sさん 31歳

フォレンジックを
通して見えた
セキュリティの重要性

  Kさん 36歳

育児×スキルアップ
工夫次第で
資格だって取得できる!

T.Tさん 33歳

未経験からフォレンジック
エンジニアへ

田端さん 22歳

自分の可能性が
広がりました!

八柳さん 23歳

最高におもしろい環境が
まってます!

次のセクションへ

受講者プロフィール

サイバーセキュリティ技術者育成コースは年齢、職業・男女問わず、幅広い世代の方々が受講しています!

年齢

受講生アイコン
平均年齢
33.7
最少年齢
19
最高年齢
59

男女比

受講コース

次のセクションへ

就職・転職支援バックアップ

未経験からIT業界へ転職事例多数!専属キャリアカウンセラーが就職・転職をサポート!
入校前、入校後、卒業後もキャリアカウンセラーがしっかり就職・転職への成功をサポートします!
  • 求人紹介から、面接設定、入社までをサポート
  • 転職のタイミングなどをアドバイス、転職の市況情報の提供
  • 職務経歴書などの添削アドバイス
  • キャリアカウンセラーとの模擬面接による面接対策その他何でもご相談ください!
合同企業説明会イメージ
合同企業説明会企業面談イメージ
合同企業説明会面談イメージ
次のセクションへ

給付金制度

第4次産業革命スキル習得講座認定制度ロゴ

当コースは、経済産業省の第四次産業革命スキル習得講座に認定されており、講座終了後は専門実践教育訓練給付金として受講料の最大 70%(616,000円)の給付を受けることができます。
失業手当受給中の方は「教育訓練支援給付金」を追加で半年間受給することが可能です。 例:10万円×6ヶ月=60万円
現職で勤務中の方もちろん受給できます。(雇用保険に 2 年以上加入していることが条件)
合計:1,216,000円の給付を受けながら学習ができます!!(オンライン受講も対象)

支給対象者

支給対象 条件 給付金
現職で勤務中の方 専門実践教育訓練給付金 受給開始までに通算2年以上の雇用保険に加入していること 受講料の最大70%(616,000円)
離職中 専門実践教育訓練給付金 受講開始からさかのぼり3年以内に2年間の通算2年以上の雇用保険に加入していること
失業手当受給中の方 専門実践教育訓練での「教育訓練支援給付金」
※昼間コース受講者のみ
離職後1年以内であること 例:10 万円×6 ヶ月=60 万円

<初めて受給する場合>・受給開始までに通算2年以上の雇用保険に加入していること

<2回目以降の受給の場合>・前回の受給開始日から次の受給開始日まで通算3年以上、雇用保険に加入していること

受給資格・申請等の手続き等は最寄りのハローワークでご確認ください。

次のセクションへ

よくあるご質問

授業内容について

.IT未経験者です。授業についていくことはできますか?

.IT未経験者から学べるコースとなっており、担当講師がわかるまで丁寧に対応いたします。エクセル・ワードを使ったことがある程度の方でも十分学ぶことができます。

.授業を欠席した場合はどうなりますか?

.後日ビデオ補講という形でご欠席された授業をバックアップさせていただきます。

.パソコンは持参する必要がありますか?

.1人1台のPC、サーバー用パソコンをご用意しております。ご自身が持ち込まれたPCの使用できませんのでご注意ください。

.オンラインでの授業はできますか?

.全国どこからでもオンラインで受講ができます。双方向での授業と演習環境もクラウドで実施しますので、会社や自宅からでも受講可能です。オンライン受講の場合も授業料70%補助や教育訓練支援給付金の支給対象となります。コロナ禍において在宅で給付金を受給しながら、スキルアップや就職のためのサイバーセキュリティの技術習得をすることが可能です。

受講生について

.今昼間働いております。働きながら学ぶことはできますか?

.サイバーセキュリティ技術者育成コースは19時から始まる夜間コースを開講しています。欠席された場合も、授業を録画したビデオをご 用意しておりますので、補講というかたちでバックアップしますのでご安心ください。

.受講されている方は男性ばかりですか?

.女性の方も積極的にいます。受講者プロフィールもご参照ください。

就職・転職サポートについて

.卒業後どのような就職サポートが受けられますか?

.入校前、入校後、卒業後も専属のキャリアカウンセラーがしっかり就職・転職への成功をサポートさせていただきます。職務経歴書など の添削アドバイスや、面接対策のアドバイス、模擬面接をさせていただくなど、不安を解消すべく、ご支援をさせていただきます。また弊社 独自で開催する合同企業説明会なども優先してご案内をさせていただきます。

お申込みについて

.申込み時に必要なものはありますか?

.入校時には学んだ技術・スキルを悪用しないという前提のもと入校をいただいております。 受講規約(捺印をいただいたもの)を受講初日までにご提出していただきます。

お支払いについて

.分割の支払いはできますか?

.日本政策金融公庫の国の教育ローンのご利用による分割支払いが可能となっております。ご要望の方は講座カウンセラーまでお申し つけください。(国による審査があります。)

.お支払い方法としてはどのようなものがありますか?

.現金払い、振り込み、クレジッカード支払いとなります。詳細は募集要項をご覧ください。

次のセクションへ

申込みの流れ

カウンセリングアイコン

1. 無料カウンセリング

入校前に無料カウンセリングを行います。不安なこと、些細なことでもかまいません。どうぞご相談ください。

お申し込みアイコン

2. お申し込み/お振込

お申込書をお預かりし、お振込の確認をもってお申込みになります。

入校アイコン

3. 入校

※受講規約をお持ちください。
※初日ガイダンスを行います。

次のセクションへ

サイバーセキュリティ技術者育成コース応募要項

受講日時
  • 昼間クラス: 平日の9時~16時
  • 夜間クラス: 平日の19時~22時
  • 通学、オンラインのどちらでも受講できます。
受講期間
  • 昼間クラス: 6ヶ月 平日3~4日 468時間
  • 夜間クラス: 1年間 平日3~4日 468時間
  •           
  • ※開講スケジュールは開講日に紙面にてご案内いたします。
受講料 80万円(消費税別)/1名
お支払い方法 お客様のご都合やご要望に合わせて各種お支払い方法をご用意しております。
お支払い方法は、現金払い/振込/クレジットカード(VISA・Master・JCB・AMEX・DINERS)/教育ローンの中から選択が可能です。

現金でお支払い
受講料を申込み当日に受付までお持ちください。

振込でお支払い

  • 振込で入金を希望される方は、受講料を指定口座にお振込ください。
  • 受講開始日に振込明細をお持ち頂き、入学申込書と一緒にご提出ください。
※手数料はお客様負担とさせて頂きます。

カードでお支払い

  • お手持ちのカードでお支払いをご希望の方は、お支払い方法は1回払い(手数料無し)となります。
  • ご利用可能なクレジットカードの種類は、VISA・Master・JCB・AMEX・DINERS です。
  • お引き落とし日は、各カード会社によって異なります。

国の教育ローンでお支払い

  • 日本政策金融公庫が運営する教育ローンでのお支払も可能です。
  • 固定金利年1.76%(平成30年1月10日現在) 最長15年の長期返済

お申込みに必要な物

  • 入学申込書(当日のご記入でもかまいません)
  • ご印鑑
  • 受講料 現金(ご一括の方)/振り込み明細(お振込みの方)/クレジットカード(カード払いの方)
  • 身分証明書(教育訓練給付金制度の方)
  • 筆記用具・ノートなど(当日受講をされる方)

こんな人におすすめ
  • IT知識、セキュリティ知識について興味のある方(初心者歓迎!)
  • サイバーセキュリティの分野で専門性を高めスキルアップやキャリアの幅を広げたい方
  • セキュリティ対策を企業の課題として捉えチャレンジしていきたい方
  • クラッキングの手口と対策・ログ解析手法・デジタルフォレンジックなどについて興味のある方
  • 就職・転職をお考えの方、年収アップにつなげたい方

受講内容、学習スタイル、料金のお支払い等あらゆる疑問を解消いたします。

受講お申込

カウンセリングお申込

このコースについてお問い合わせ