プログラミング

各コースの紹介

Androidアプリ開発科 <求職者支援訓練>求職者支援訓練とは?

Androidアプリ開発科

Androidアプリ開発を学ぶと

アプリが作れるようになり、世界に向けて公開できます。
また、アプリを作ると、開発未経験の壁を乗り越えられる可能性が広がります。
Androidアプリ開発科

ヒートウェーブで本物のエンジニアをめざす!

Androidアプリ開発科

AndroidはスマートフォンやタブレットPC、カーナビやヘルスメータにも利用されている組み込みOSとして開発された、 オープンでいま最もホットなプラットフォームです。
世界で生産されるAndroid製品は1日に30万個!またAndroid携帯を利用できるキャリア(通信会社)は60社と日本のみならず海外でも大きなブームが訪れるでしょう!
そんなAndroidプラットフォームを利用したアプリ開発者の育成を目指すのが本コースです。自分で作ってみたかったプログラムをAndroidを使って作ってみましょう。

Android アプリ開発科の概要

受講対象・受講要件 パソコンの基本操作ができる方で、スマートフォンやプログラム開発に興味のある方 ※アプリ開発というと難しそうですが、プログラム開発のイロハから勉強しますので、 毎日出席と復習で大丈夫です。
訓練の目標
  • Androidアプリが一人で企画・開発できる。
  • スマートフォンエンジニアとして就職できる。
卒業後の職業人像
  • Androidアプリクリエイター
  • Javaプログラマー
  • システムエンジニア
習得目標資格

卒業生採用先 企業ご担当者様の声


株式会社セラク
http://www.seraku.co.jp/


採用担当者:早川咲也子様

【貴校の訓練生の感想】

現在貴校より5名の方にご入社頂いておりますが、コミュニケーションをうまく取れる人が多く、 また、将来プログラマとして大成できそうな「潜在能力」の高い方が多いかと思います。
当社では入社後も1〜2ケ月の研修を行い、アプリ開発やネットワークエンジニアとしてのスキルをさらに高めて頂きます。 このため、貴校の授業において「なぜそうなるのか」「なぜその技術が必要か」というところに意識を向け学んでいただくと、 より一層入社後の研修もスムーズに進んで頂けると思います。

【これからIT業界で頑張りたい人へ】

IT業界は常にトレンドを追いかけ、新しい技術に習得していくことが必要な業界ですが業務を行いながら、こういったことに取り組む事は大変な事です。
しかしながら、自身が開発・構築したシステムを多くの方に利用して頂いたり、そのシステムによってユーザが抱えている問題を解決できることは、非常にやりがいのある仕事だと思います。 またIT業界は、最先端の技術に触れる事ができる上、その技術を用いて自らが時代や流行を作り上げていく事も可能です。さらには、技術習得の努力をすればするほど自分を成長させ、エンジニアとしての市場価値や存在価値を高めることが出来る「努力が無駄にならない」業界です。
努力を惜しまず、前向きかつ貪欲な方であれば、IT業界でご活躍頂けると思いますし、当社ではそのような方を、経験を問わず採用しエンジニアとしての成長をサポートしています。

卒業生のいま

受講生の声

入来 領侍 さん

受講コース: Androidアプリ開発科
やりたい事を実現させてくれる場所。

半年間、ヒートウェーブ恵比寿校のAndroidアプリ開発科を受講しました。
Javaって何?と思っていた未経験の自分でも半年後にはAndroidアプリを一人で開発出来るようになりました。 それも講師の方達が親切に教えてくれた事や、わからない事は講師の方に相談出来る、すごしやすい環境だったからだと思います。
今は他の言語での業務に携わっていますが、ヒートウェーブで経験していた事が現場で役に立っていると実感しております。

Android アプリ開発科のおすすめポイント

  1. おすすめ1Androidアプリ開発科実施回数が多いため、ノウハウが蓄積!

    当校は職業訓練(東京都委託訓練・求職者支援)におけるAndroidアプリ開発におけるパイオニアとして数多くの卒業生を輩出してきました。 受講生の躓きやすいポイントや、どのように教授したらわかりやすいのかといったノウハウの蓄積があります。

  2. おすすめ2講師は現役エンジニア、アプリ開発者!

    講師は授業の時間以外は、エンジニアとして開発案件に携わっていたり、自らもアプリ開発を行っています。 卒業制作で自分でアプリを作るときにアプリ開発の先駆者としてのアドバイスを受けることができます。

  3. おすすめ3最新版Android4.0も講座内容に追加!

    当校で学習するAndroidOSは4.0と最新版のものに対応しております。古いバージョンにも更新されるバージョンに対応できるエンジニア育成を目指しています。

  4. おすすめ4未経験者からのエンジニア成就率が高い!

    入校時にはプログラミングが初めてという受講生も、半年間の講義を経て自分でアプリを開発できるようになり、エンジニアとして活躍をしています。特にAndroidアプリ開発はアイディアやセンスが良ければ複雑なコード出なくてもよいアプリが作成できます。

  5. おすすめ5実機を使ったテスト環境!

    開発実習用にテスト用実機を用意し、ご自分の機器以外を使ったテスト環境をご用意しています。

  6. おすすめ6提携企業からの求人案件が豊富!

    当校には提携企業からたくさんの求人案件が寄せられています。ハードルが高い案件もありますが、もしマッチする案件があればぜひ応募してみてください。
    ヒートウェーブ仕事情報:Q−SPHERE

  7. おすすめ7制作発表会において、アプリだけではなく「自分」を広くアピール!

    卒業制作発表会には多くのエンジニアを必要とする採用担当の方をおよびします。
    作成したアプリだけでなく、自分自身も売り込み絶好の機会を提供しています。

卒業生 Google play公開作品

カメラペット
カメラペット
【 開発者 】太田 祥平 さん
【 開発者コメント 】
「カメラペット」 は、カワイイ物と写真を撮るのが大好きな女子のためのカメラアプリ。でも、ただのカメラではありません。このアプリで写真を撮るとアプリの中に住んでいる、あなたのペットも成長するのです。

そして、このアプリを…
・Javaのコード
・xmlでのデザイン
・PhotoshopやIllustratorでの作業(←この技術は前職で身につけてました)

…などをすべて自分でやっていると、ペットだけではなく自分も成長できたと痛感しました。その成長の結果、初アプリをGoogle Playに公開できたわけです。ここへ到達できたのは、先生の様々なアドバイスのお陰です。
先生から言われて記憶に残るのは「Javaはオブジェクト指向プログラミングなのだから、現実のオブジェクトをキチンと踏まえてコードを書こう!」。
このアプリではペットが吹き出しで喋ります。ただ、そのおしゃべりメソッドとペットクラスにhas-aの関係を当初持たせてませんでした。ゲーム画面描画を司るクラスで記述していたのです。
すると何が起こったかというと「原因追求が困難なエラー」。
喋るのはペットな訳ですから、おしゃべりメソッドはペットクラスが持つべきなのです。その方向で作りなおしたらエラー解消! コードの見通しもとても良くなりました。これぞオブジェクト指向♪
実際にアプリを作ることでこうして心の底から技術が身につくのです。皆さんもAndroidアプリ開発科でこんな成長をしちゃいましょう!
いやしもの
いやしもの
【 開発者コメント 】
「いやしもの」 は本格的かつシンプルな育成シミュレーションゲームです。 食事、ミニゲーム、探索、会話などのお世話をして「いやしもの」と呼ばれるキャラを育て、いやしもの図鑑(全39種類)のコンプリートを目指します。

育成ゲームが好きだった事と、シミュレーションゲームは比較的簡単に作れると思ったので早い段階で制作発表会に向け作り始めました。 とは言えその時はプログラミングを始めて2ヶ月程だったので、完成させるまでは試行錯誤の繰り返しでした。
それでも諦めずに頑張れたのは、エラーを対処することに抵抗がなかったからだと思います。
動かなかったプログラムが動くようになり、わからなかったことがわかるようになっていくのが嬉しくて、ひたすらそれを積み重ねていきました。
具体的にはアニメーション関係が一番苦労したと思います。
それから特に大変だったのが、画像の素材を用意することです。
キャラの画像はほとんど友人に描いてもらったのですが、色を付けたりキャラの設定を考えるのは全て自分でしたので予想以上に時間が掛かりました。
発表会が近づくと毎日夢にコードが出てきたり、蕁麻疹が出たり、眠れなくなったりで大変でしたが、ヒートウェーブでの制作活動や発表会は良い経験になったと自信を持って言えます。
この経験を活かして、これからも色々なアプリを作ってリリースしていく予定です。
卒業後もこのようにサポートして頂いて、本当にありがとうございました。
闇ウタ
いやしもの
【 開発者コメント 】
「闇ウタ」 は簡単に遊べる脱出ホラーゲームです。
プレイヤーは真っ暗な部屋の中を手探りで移動し、おもに音をたよりに出口を目指します。
一般的なホラーゲームのようなストーリーや謎解きはありません。
プレイヤーの進行方向以外、画面に表示される情報もほとんど無いので音を聞き分けなければクリアは、ほぼ不可能なゲームなんです。 それゆえに多数の音の素材を用意しないといけませんでした。 ネットで公開されているフリー素材も使用させていただいたのですが、 半数以上は自分で作った音です。
部屋の中でひとり、大声でしゃべったり壁を叩いたりしました。 危険ですね。

「闇ウタ」はヒートウェーブで同じクラスだったMiyamon君と共同で開発したものです。
当たり前のことかもしれませんが、複数人での作業の難しさ以上にそのメリットの大きさを非常に感じました。 作業工程の軽減、問題への対処、アイデアの客観視、などなど。
在校生の方やこれから入学を希望される方には、
チャンスがあれば複数人での開発を試されてみることをおすすめします。
それとヒートウェーブはサポートのしっかりした学校ですので、
受講期間中は就職活動よりも授業と作品制作を優先してもよいと個人的には思います。

「闇ウタ」は手軽に遊べるゲームなので怖いのが苦手じゃない人にはぜひ一度プレイして欲しいです。 ~恐怖体感ゲーム~という副題通り、きっと恐怖を感じてもらえると思いますよ!
  • マチナビカメラ
    マチナビカメラ
  • Droid Clock
    Droid Clock
  • ドロイド ライブ壁紙
    ドロイド ライブ壁紙
  • ショートカットマスター
    ショートカットマスター
  • ぺんしん壁紙〜とあるペンギンの名言・迷言集〜
    ぺんしん壁紙〜とあるペンギンの名言・迷言集〜
  • モグの預りメモ帳
    モグの預りメモ帳
  • 貝うさぎ
    貝うさぎ

講師 Google play公開作品

  • トイレアプリ
    トイレアプリ

Android アプリ開発科のカリキュラム詳細

科目と内容 訓練
時間
(目安)
学科
●コンピュータ概論
コンピュータ(ハードウエア、ソフトウエア)についての基礎、組込みプログラミング概要
20
●ネットワーク概論
インターネットの基礎知識、各種通信プロトコルの基礎知識
10
●データベース概論
プログラムとデータベースの関係、SQL構文入門
10
●システム開発概論
システム開発についての基礎知識(開発プロセス、開発プロセスモデル)
10
●XML入門
Androidの画面レイアウト作成に必要なXML構文
10
●Androidアプリ作成基礎
Androidの概要、Java言語とDalvik仮想マシン、Androidバージョン知識等の
Androidアプリ作成基礎
35
●API概論
基本API、UI、DB、通信、センサー、マップ等
80
実技
●開発環境設定実習
Java、Androidアプリケーション開発環境準備(ツール含む)
10
●プログラミング言語Java
Java基本書式・構文・例外処理。継承・ポリモーフィズム・カプセル化を
用いたプログラミング。
100
●プログラミング実習
学科内容に応じたJava、Androidプログラミング実習
70
●システム開発実習
システム開発概論におけるグループ開発
20
●Androidアプリ開発実習
アプリケーションの分析、設計、詳細設計、プログラミング、テスト、
納品 & プレゼンテーション
195
お問い合わせはこちら
お問い合わせはこちら
[営業時間] 平日09:30~17:30(土日祝日除く)
お問い合わせはこちら
受講料は無料です
こちらのコースは求職者支援訓練となります。
一定の要件を満たしている方には、受講している
期間、「訓練・生活支援給付金」が支給されます。
求職者支援制度について(厚生労働省ホームぺージ)
PAGETOP
ヒートウェーブ株式会社
[新宿校] 〒160-0021 東京都新宿区歌舞伎町2-46-5 KM新宿ビル7F
TEL : 03-6380-3082  FAX : 03-6380-3057
プライバシーマーク

© 2017 HEATWAVE CO.,LTD. ALL Rights Reserved.

  • オーダーメイド型 企業向け研修サービス
  • JOB TRAINING職業訓練
  • JOB SUPPORT復・就職Wサポート
  • TESTCENTERテストセンター
  • RENTAL ROOM貸会議室
HEATWAVEのつぶやき
  • 塾長
  • 新宿ランチマップ